岩盤浴とはどういうもの?

静かなブームが続く岩盤浴とは、こんな感じのところです。専用の部屋の中に、人間の身長よりやや大きい程度の、暖められた一枚の岩盤の板、もしく丸い石ころが敷き詰められて仕切りのあるスペースがいくつもあります。この上に15分から20分ほど寝そべって汗をかきます。サウナに近いスタイルの入浴法ですね。ただ、サウナと違うのは、サウナは蒸気が充満していますが、岩盤浴はサウナほど湿度は高くありません。温度については、岩盤浴部屋の室温は40度程度、岩盤の温度は40度から55度程度の場合が多いです。

岩盤浴の発汗作用とは?

これだけの暑さですから、岩盤浴で寝そべっていると、かなりの汗をかきます。これは、温度が高いだけでなく、石から発する遠赤外線の効果で汗をかきやすい仕組みになっています。それで、大量の汗をかくとどういう作用があるのか、というのが知りたいですよね。汗には体温を下げるだけでなく、老廃物を排出するという作用があります。この働きを利用して、岩盤浴で体内の老廃物や毒を体の外に出して、体調を改善する効果を狙います。

岩盤浴を利用する際に気をつけたいこと

岩盤浴を利用する場合、気をつけないといけない点もいくつかあります。まず何より、適切な水分補給を心がけてください。岩盤浴では大量の汗をかくため、水分補給をきちんとしていないと、脱水症状を起こしたりする危険性があります。また、適切な入浴回数や入浴時間を守って、体の限度を超えた回数を利用したり、あまり長時間利用しないようにしましょう。限界を超えた利用を続けていると、心臓などに負担がかかって、かえって健康を害する危険性があるからです。このような点をしっかり守れば、岩盤浴を楽しんで続けられるでしょう。

さいたま市にある浦和区は、スポーツが盛んな街としても知られています。岩盤浴を浦和で探すなら、インターネットで探すとすぐに見つけることができます。